PROCESS

  • 知る

    ブランディングは知ることからはじまります。
    消費者にどう思われているのか?競合との関係性はどうなのか?これまで愛されてきた理由はどこにあるのか? 様々な視点で知ることが、ブランディングの基礎となり、最大の強みにもなります。

    推進内容

    • ・ヒアリング
    • ・アイテムサーベイ
    • ・グループインタビュー
    • ・視察
    • ・トップインタビュー
    • ・市場調査
  • 考える

    強みを最大限に活かす方法を考えます。
    どのようなコンセプトか?どんな名称がいいのか?それに適したブランド体系とは? ブランドとしての在り方を考え、アウトプットに向けて綿密な計画を練ります。

    推進内容

    • ・企業理念策定(コーポレートブランディングの場合)
    • ・ブランド戦略の立案
    • ・ブランド体系の構築
    • ・ブランドステートメントの開発
    • ・ネーミング開発
    • ・ブランドコンセプトの構築
      - ビジョン
      - バリュー
      - プロミス
      - パーソナリティ など
  • 創る

    ブランドの想いに基づいたデザインを創ります。
    シンボルロゴや展開デザインの開発をはじめ、デザインシステムを用いることにより、 統一された世界観を構築し、魅力的なブランドを創ります。

    推進内容

    • ・V.I.開発
    • ・ブランドシンボルのデザイン開発
    • ・デザインシステムの開発
    • ・展開デザインの開発
    • ・デザイン管理マニュアルの開発
  • 育む

    ブランドを育み続けます。
    ブランドは創って終わりではありません。時代に対応したデザインの展開方法や 社内外に対する浸透などを行い、ブランドを育み続けることが重要です。

    推進内容

    • ・ブランドコンセプトの共有、浸透ツール(社内)
      - ブランドコンセプトブック
      - コンセプトカード
      - 浸透向け映像
      - 浸透向けイベント
    • ・ブランド体験の開発/改善
      - 建築設計
      - インテリアデザイン
      - パッケージデザイン
      - プロダクトデザイン
      - プロダクトデザイン
      - Web
      - 映像
      - 広告 など

ワークショップが活用できます

各プロセスにおいて、ワークショップが設けられます。
ブランディングとは?から始まり、プロジェクトの運営までワークショップ形式で皆で楽しみながら体感できます。 ワークショップでは社内の意見を多く反映することができ、社内の意識の共有・浸透においても有効です。