トップダウン型

Top down

すでにトップが問題意識と漠然とした解決の方向性、ビジョンを持っているときに採用する進め方です。 社長などブランドを持つ企業のトップへインタビューを行い、それを元にコンセプト設計やデザインなどを作り込み、経営陣から会社全体へと浸透させていきます。