パッケージ・プロダクト

信州須藤農園

APPLE JAM NOUVEAU
2013年の創業90周年の記念品として開発した「APPLE JAM NOUVEAU」。
新鮮な本物のリンゴを上回る味をめざし、試行錯誤を重ね3つの商品の製造に至った。

「旬」は、信州産紅玉りんごを真空鍋で炊き上げた、鮮やかな色合いと果実味をシンプルに味わっていただける手作りのジャム。
「丸」は、松本産 100%のシャルドネワインを使い、清涼感ある味わいのジュレとのハーモニーを楽しめるジャム。
「香」は、最高品質のセイロンシナモンと7年熟成させたキューバ産ラム酒を加え、芳醇でふくよか、深みのある味わいのジャム。

エフインクはネーミング、パッケージデザインを手がけたほか、ジャムの美味しさをより実感していただくため、食べ比べ用の本物のリンゴをセットで封入するアイデアも提案した。
なお、「香」は長野県園芸特産振興展にて「農林水産大臣賞」を受賞した。
熨斗(のし)
APPLE JAM NOUVEAUのプロダクトを包む熨斗(のし)も制作。
ブランド体験の細部までこだわることにより、プレミアブランドとしての上質感を得た。
「100%フルーツ」シリーズ
素材にこだわり、砂糖を使わず果物の甘味だけで作られている「100%フルーツ」シリーズは、根強いファンを持つ商品。
もともとは白を基調としたデザインだったが、他のメーカーとの違いが分かりにくいという難点があった。
そこで、全体のトーンは踏襲しつつも、それぞれのフルーツの色をより多めに取り入れ、シリーズとしての統一感を増すようなデザインにリニューアルした。
「旬の雫」シリーズ
旬の果実を贅沢に使用した「旬の雫」シリーズ。
おいしさを閉じ込めた雫のつややかさを表現。SUDOの「S」をパターン化したものを背景に使用し、高級感を演出している。

制作物